×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

発達障害の全般的な症状について!

「もしかして、うちの子は発達障害?」

または、子供が発達障害で・・・

「今度はどう育てるべきか?」

「育児ストレスが溜まっている」


このようなことでお悩みでは、ありませんか?

それならば、あなたのお役に立つことが出来るかもしれません。

なぜなら、このサイトでは、発達障害をもつ子供をどのように育てるべきかを
教えているからです。

発達障害の症状も様々ですので、先ずは、どのような症状があるのかを
今一度確認してみましょう。


発達障害の症状について・・・

発達障害とは、子供が成長して、発達していく過程の初期段階で、
何かの原因により、脳に障害を起こしてしまし、成長していく過程で
発達する言語や運動、社会性などに障害がみられる事を言います。


発達障害と一言で言っても、症状は様々あり、範囲も広いんですね。

もちろん、「自閉症」や「てんかん」なども発達障害のひとつです。

同じ発達障害だと診断されたとしても、人によってその症状は違います。

障害がみられるようになった年齢やその子の置かれている環境によりましても、
当然ですが、症状が違ってくるんですね。

発達障害は乳幼児期の頃には、判断するのが難しいと言われていますが、
だいたい5〜6才くらいになってくると・・・

「うちの子はちょっと周りの子と違うかもしれない?」

このように思うところが出てきます。

例えば・・・

・授業中にどうしてもじっと座っていられない

・周りの子達が当たり前のようにできている計算が出来ない


このように、知能的な遅れがないにもかかわらず、読み書きや、
計算する機能に障害がある場合は、「学習障害」と呼んでいます。

学校に通うようになると、普通は、友達とコミュニケーションをとる機会が
必然的に増えてくるですが、発達障害の子供は・・・

・上手くコミュニケーションをとることが出来ない

・上手く会話が出来ない


このようなケースがあります。

もし、脳の機能に障害があることが原因で行動に問題が発生する場合には、
「注意欠陥多動性障害」このように呼ばれたりします。

その他にも・・・

・音や映像などに過敏に反応する

このような症状もみられる場合もあります。

そうかと思えば、自分の好きなことをみつけると、大人も驚くような集中力や
没頭をみせることも少なくないんですね。

発達障害はその症状も様々になりますが、現れる症状によっては、
社会で適応していくが難しい部分もあるでしょう。

ですので、なるべく早期段階で治療を行うようにして、
支援を受けたりすることも必要になってくるでしょう。

 



発達障害の症状、いかがでしたでしょうか。

発達障害にも様々あると言うことがお分かり頂けたと思います。

育てる側とすると・・・

「どうして、自分の子供が・・・・」

と思うかもしれませんよね。

もちろん、精神的なショックも大きいでしょう。

ストレスも溜まると思います。

でも、親なら・・・

「発達障害の我が子をお利口にしたい」

「子供が、将来にわたってずっと幸せでいてほしい」


と願っているはずです。

そんな、あなたにお伝えするのがコチラです。

高校生の不登校・ひきこもり対策!